1. ホーム
  2. 海外不動産投資
  3. ≫フィリピン不動産を狙うべき

フィリピン不動産を狙うべき

フィリピン不動産を購入するあたり、2013年に視察してきました。
マニラに宿をとったのですが、やっぱり一人では外に出ることに抵抗があります。
治安が悪いし、タクシーはボッタクリばかりです。ホント怖い国です。

ところがマカティは全くの正反対な街で、街中にはトラックやジプニーの
通行ができないようになっています。よって空気がキレイです。
治安もバツグンに良いのでフィリピンでも別世界の街でした。

フィリピン不動産を買った理由

フィリピン不動産を買った最大の理由は人口です。
日本の平均年齢は46歳 フィリピンの平均年齢は23歳
高齢化が進行すると購買力は落ち、経済成長は停滞の方向に向かいます。
ですがフィリピンは街をあるいても若者ばかりです。
杖を使って歩いている人はいません。

フィリピンは2050年ごろまで高齢化の心配がありません。
そして人口が増えている事!人が増えれば家が必要になります。
人口が増えている場所では不動産に限らずモノやサービスが不足するため
経済が成長しやすい状況におなります。
逆に日本のように人口が減少すると経済が低迷します。

日本で不動産を買うか?それともフィリピンで海外不動産を買うか?
私はフィリピンの海外不動産を選びました。

フィリピンを訪れて感じた事

フィリピンは人口ボーナスを見込んで今後のGDPの伸びが期待されています。
GDPが3000ドルを超えると白物家電が売れるようになると言われています。
かつての日本がそうだったようにフィリピンは今その境界線を越えようとしています

フィリピンGDP
アジアの成長が期待できる国としてラオスやカンボジアがありますが
まだまだ発展途上の国です。しかしフィリピンは違います。
ここは本当にフィリピンなのか?と錯覚してしまうほど発達しています。

2016年現在で空港からマカティとマニラを結ぶ地下鉄を作っていて
ハイウェイも建築中です。数年後が楽しみです
マニラ市内にはカジノがすでに完成し稼働しています

このカジノは総工費1200億円を投じてフィリピン最大級の娯楽施設でアジアの
富裕層をターゲットとした巨大カジノのほかに巨大ショッピングモールも
併設され週末の来場者は1万5000人にもなるそうです

フィリピン不動産は比較的安く購入できる

これだけ外国人を誘致して衛生・治安も整備されているのに対しまだまだ
不動産は安いです。なぜ安いかというと中国人の進出が少ないからです。
日本人の富裕層も投資先はマレーシアでフィリピンではありません。
だからまだフィリピン不動産は安いです。先駆者の特権でしょうか?

フィリピンってどんな国?

今後5年間のフィリピンGDPは大よそ9%の成長を見込んでいます。
産業は何か?最大の輸出先が日本で電子部品の半完成品を輸入して
それを半導体に加工して輸出する中間貿易が盛んな国です。

また9割のフィリピン人が英語を話せる特権から外資企業の
サポートセンターなども多く併設されています。
そして人口の1割に相当するフィリピン人が出稼ぎをしていて
この出稼ぎ労働が自国に送金することでフィリピンのGDPを
大きく押し上げていると言われています。

フィリピンの地質学的な不安要素

フィリピンは知っての通り台風の通り道で最近ではレイテ島を直撃し
甚大な被害があったことを記憶しています。
しかし都市部に関しては台風の影響が少ないようで、マニラ市内は
殆ど影響を受けないようです。

また地震や火山の噴火などの不安要素もありますが、
日本よりは安全だと思います。日本の方が地質学的要素が高いですね

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。