1. 海外投資TOP
  2. ≫海外口座 新規口座開設

海外口座 新規口座開設

インドネシア口座開設はこちらから

インドネシア口座開設 主な特徴

  • インドネシア政府系銀行なので信頼度が高い
  • ペイオフは¥2000万まで保障で日本よりも保証が高い
  • 日本から郵送だけで口座開設ができる
  • 凍結の心配がない(最低貯蓄額¥30万から)
  • 定期口座が7.5%と高金利が魅力


インドネシアが期待できるポイント

人工ボーナスが10年以上続く
  人口ボーナス期の始点と終点
中国 1965~70年 → 2010~15年
インド 1965~70年 → 2035~40年
マレーシア 1965~70年 → 2030~35年
フィリピン 1960~65年 → 2040~45年
タイ 1965~70年 → 2010~15年
シンガポール 1960~65年 → 2010~15年


15~64歳の生産年齢 人口が、それ以外の人 口(従属人口)の2倍以 上ある状態を指す。
消費が活発化して税収 も増えるため、高度経済 成長が可能になる。

インドネシアは今後10年以上人口ボーナス期が続きます



インドネシアの国内マーケット

2009年度のインドネシアの一人当たりGDPは2299ドルでした。

一般的にはGDPが3000ドルを超えると白物家電や自動車が積極的に売れ始めると言われています

逆に人口ボーナス期に入っていても、1人当たりGDPが3千ドル近辺まで上昇していなければ、
爆発的な消費は生まれず、高度経済成長は難しいと言われている。
インドネシアは2010年度に3000ドルを突破して高度経済成長突入した!

今後5年間の見通しです。ルピアでの換算ですが2010年に3000ドルを突破してから
右肩上がりの成長をしています。

インドネシアのGDP


インドネシア銀行資産ランキング
1位 BRI銀行 2位 Bank Mandiri 3位 BCA
bank BRI banki mandiri bank BCA
Bank Rakyat Indonesia
バンク・ラヤット・インドネシア
(インドネシア庶民銀行)
バンク・マンディリ
(マンディリ銀行)
Bank Central Asia
バンク・セントラル・アジア

2014年10月、BRIが資産712兆Rpでmandiriの資産707兆Rpを抜き
インドネシア銀行資産ランキング1位になりました。

2017年には1000兆Rpと予測されています。



インドネシア口座開設 申し込みまでの流れ


問い合わせフォームより連絡ください

こちらの問合せフォームから「インドネシア口座開設希望」にチェックを入れて送信ください



費用のご案内

口座開設費用:¥32,400円
インドネシアでは日本人の定期口座開設は代理店を通して開設ができます
こちらの代理店の手数料となります。
特別金利が適用されるのでかなりお得です。

個人でも開設することもできますが、身元確認などの手続きが
個人では大変な作業となります。また個人で開設した場合は
現地の定期金利が適用されるので現在の「7.5%」の金利は適用されません。

口座開設代行手数料:¥50,000円
お客様から預かった申し込み用紙を現地に持っていき
現地スタッフがお客様の口座開設を代執いたします。

口座開設をした後の活用方法や不明な点がある場合は弊社スタッフが
サポートいたします。



口座開設後のサポート

申し込みから1か月前後でお客様の手元に海外銀行のATMカードが送付されます。

必要な手続きなどをこちらから指示致します



インドネシア口座開設はこちらから