1. 海外投資TOP
  2. 海外積立投資
  3. ≫海外ファンドの買い方と注意

海外ファンドの買い方と注意

海外ファンドの魅力は分かったけど。海外ファンドといってもどこで買いますか?

海外ファンドといっても日本国内の銀行もしくは証券会社で販売しているファンドもあるし海外のファンドマネージャーが運用している海外ファンドもありますそれではどのようなメリットとデメリットがあるのか見てみましょう!

日本国内で日本国内の銀行もしくは証券会社で購入できるファンド。

これらは日本人用に作られているので販売報酬販売管理費手数料が上乗せされているのでほとんど魅力はないでしょうさらに日本国内では複利運用のファンドはほぼないと思ってください。表面上の金利は大きくても複利運用ができない。中間マージンが大きいので手元にはあまり残らないのが現実です。


日本国内のファンドと海外で買うファンドはどう違う?

まずファンド販売業者は何でもうけているか?

日本の銀行、証券会社は主に手数料で利益を出しています。それに対し海外のファンド業者は顧客が得た利益に対して報酬を得るスタイルをとってます。

ここが一番のポイントで

日本の業者はお客が得しようが損しようがほとんど影響はありませんなぜなら販売した時点で手数料収入が得られるから!

対して海外のファンド業者はお客が得た利益に対してパーセンテージで報酬を得ます。なので顧客が利益を出すことが絶対条件なんです。

では個人で海外ファンドを運用するには


私の知ってる一番安い方法はHSBCのインターネットバンキングから海外ファンドを購入する方法!

ですがこれにはいろんな不安材料が
  • 何を買っていいのかわからない
  • 書類がすべて英語で送られてくる
  • どうすれば解約できるかよくわからない

など英語は必須条件となります。そして個人ですべて管理するのでいくら金利が良いと言っても相当な知識を持ち合わせてないと危険を伴います。なので非現実的ですね。


個人で海外のファンドマネージャーに依頼する方法


日本の金融機関がダメなら海外の金融業者に依頼する方法があります。海外の金融業者はお客が得た利益に対しての報酬なので日本の金融業者よりも
うまく運用をしてくれると思いますがこの方法はある程度資産がある人向けとなります

最小で5000万円~の投資でしょうか・・・

海外のファンドマネージャーは顧客の得た利益に対してのパーセンテージで報酬を得ます。よって小規模のお金を運用しても得られる報酬が少ないので当然大規模の投資が対象になります。お金持ち相手ということになります。

個人で小さく海外ファンドを買うには


毎月積立方式の海外ファンドを選ぶとよいでしょう!!個人では小さなお金でも複数人集めれば大きな金額となります。

私の投資している海外積立投資もまさにコレです。私の他にも何千・・何万人ものお金をまとめて運用してくれます。ですので投資金額も毎月3万円から投資ができるわけです

積立型のメリットは

  • 少額投資が可能(毎月3万円~)
  • 安全な資産運用ができる
  • 共同名義が可能
  • 為替リスクが最小限に抑えられます(ドルコスト平均法)
  • ファンドマネージャーにすべて任せきりで報告書だけを確認すればよい
  • 解約時まで税金がかからない

積立型のデメリット

  • 長期投資が前提となる最低15年 通常25年
  • 途中解約すると解約手数料が大きい

なので長い目で見た投資になります。年金の代わりに積み立てたいと思ってる人には最適な投資です

個人では絶対にできない運用

ファンドマネージャーに任せることで数千のファンドの中から厳選して常時5本以上のファンドに分散して投資します。

例えば中国経済が強い時は中国系の新興ファンドを・・ドルが強い時はUS系ファンドを世界的に株が弱ければ金に投資したり、通貨系のファンドに投資したり、または債券などのファンドを選んだりなどその時の世界経済の状況をみて複数のファンドに分散投資してくれます。

これは個人では絶対にできないことです。常にスイッチングといいファンドの入れ替えをしてくれます。数千のファンドの中から一番良いファンドを厳選して選んでくれますそして専用アカウントでログインすれば今何に投資てくれていてどれだけ利益が出てるかも確認出来るんです。

もし選択しているファンドが気に入らなければ自分の意思でWEB画面上からスイッチングが可能です。

ファンドのスイッチング




コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。