1. 海外投資TOP
  2. 海外積立投資
  3. ≫老後資金ってどのくらい必要なの?

老後資金ってどのくらい必要なの?

投資をする目的ってなんですか?
様々だけど圧倒的に多いのは老後や将来の不安から投資を始めたいっという方がいのではないでしょうか?

私も年金は正直あてにしていません。もしかしたら日本が破産する可能性も大です。ですので「積立貧乏」をしながら投資しています。

老後の資金はいくらかかる?
さて本題ですが老後の資金ってどのくらで考えていますか?投資をする人は後先の事を考える人が多いので一度は計算したことがあると思いますが
定年退職から平均寿命まで生きる場合は夫婦で1億円以上(年金含む)お金が必要だそうです1億円って空想の世界のようですが、実際にこのくらいのお金がかかります。

60才で定年退職すると仮定して厚生年金をもらう人は5000万円の貯蓄が必要になります。貯蓄が3000万程度だとかなり節約しながらの生活となるでしょう!自営業の国民年金の方は7400万円の貯蓄がないとゆとりのある老後は過ごせません。

ではどうやったらこ金額を蓄えることができるか?

上場企業に勤めていれば30年以上勤めれば2000-3000万の退職金がでるので何とかなりそうな感じますが・・・ではそうでない人どうしますか?


日本の銀行の定期貯金「0.01%」お話にならいないですね。では不動産投資・・株式投資・・FX・・コンテナ投資・・ファンド・・儲けを出すことが出来るのは全体のわずか10%の人だけです。その10%の人は機関投資家か超お金持ちの人です。そのようなピラミットの構図になってるのでむやみやたら手を出すと個人は損をします


私が今思ってる最も安全で確実なのは「海外積立投資」私もすでに始めています。気になる人はカテゴリを探して見てみてください・

キーワードは「複利金利」です


複利金利についての記事はこちらから

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。