1. 海外投資TOP
  2. 海外積立投資
  3. ≫1億円貯めるにはどうすればよいか?複利運用

1億円貯めるにはどうすればよいか?複利運用

投資でお金を増やすのは分かったけど1億円貯めるには月々5万円ではむりでしょ!!1年で60万・・10年で600万・・・たとえこの金額が2倍に増えたと仮定しても到底足元にも及びません。

複利運用を知る

世界の投資王フォーレンバフェット!彼は年平均20%の運用を40年続けました。結果2007年に世界1のお金持ちになりました。年平均20%って大した数字じゃないですよね。10万円投資して12万円にするだけなんだから・・・

一休さんも知っていた複利のお話

一休さんは日本で有名な童話の一つで誰でも知っていると思います。ある日、将軍様の無理難題に、とんちで見事に答えた一休さんが将軍様より「ご褒美になにが良い?」
一休:「お米を下さい」
一休:「一日目はお米一粒」
一休:「二日目はお米を二粒」・・・
一休:「三日目はお米を四粒」・・・
一休:「四日目はお米を八粒」・・・
前日の等倍で1年間いただきたいと将軍様に申し入れたそうです。すると10日後512粒・・15日目には16,384粒・・20日目には524,288粒・・30日目には5億粒以上になりました。将軍様は1か月も持たず悲鳴を上げたというお話ですがこれが複利金利になります。

1億円貯める現実気的なシミュレーション

月々5万円 投資期間30年 年間期待するリターン(金利)10%!こうなりました。見事1億円達成です
1億円貯めるには
投資金額の合計はわずか1800万円!

「複利計算 積立」とかで検索するとシミュレーションサイトがたくさん出てきます


現実的なお話

夢物語のようなシミュレーションですが、これは非現実的か?実はそうでもないです。今はネットの時代「google」で検索してみてください年間10%以上を稼ぎ出すファンド。中には30%とかもありますがちょっと非現実ですね。

日本の証券会社の売ってる商品もありますが手数料と税金で儲けのほとんどを持っていかれます。手数料も販売手数料・為替手数料といくつもあり正直リスクだけが残ります。また利益を多く摂れる場合もあえて利益は追及しません。なぜなら次の年が大変だから・・・例えば2014年の実績が年利8%・・翌2015年には15%の利益を出したとします。すると必然的に2016年は15%以上の利益を出さないと苦情が出ます。なのであえて利益を追求しないのが日本の金融業界です。対して海外の金融業者は手数料ではなく運用実績から数パーセントの手数料で生計を立てています。ですので利益をガンガン追及する特徴があります。ですので年利10%以上のファンドはざらにあります。

海外の運用会社を通すと税金がかからないです。これが複利を運用するうえで最も重要なことで日本の場合は毎年確定申告で税金を払わないといけないのでせっかく増えても大きな雪だるまになるまで時間がかかります海外の運用会社も当然手数料は発生しますが、増えた分に対しての手数料なので痛くはないですよ。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。