1. ホーム
  2. 海外銀行口座開設
  3. ≫【体験談】海外銀行口座 開設の流れ

【体験談】海外銀行口座 開設の流れ

私が選択したのはインドネシアの国営銀行であるBRI銀行の定期貯金!金利は7.5%!それでは私が海外の銀行に口座開設した詳細をお伝えします。申し込みはすごく簡単。書類に住所と名前・パスポートのコピーだけで口座開設可能です。

口座開設の前に必要な詳細はこちらのリンクを参照ください

口座開設にかかる費用は

口座開設には次の初期費用がかかります。その後は特に費用かかりません。
      入会金:¥34,000円
      口座開設手数料¥50,000円

海外銀行 キャッシュカード
入会金というのは写真のキャッシュカードに記載している会社「GTWS」って会社に登録する必要があります。詳しく話を聞くとこの会社(GTWS)がまとめてBRI銀行と交渉をしてこの「7.5%」の金利を優遇してもらってるみたいです。現地の人間が同じように定期貯金を申し込んでもこの7.5%は絶対にないみたいです。なので「入会金ってなんだよ!」って思うかもしれませんがこれはしょうがないですね。

次に口座開設手数料は何??って質問しました。するとこれは顧客に代わって銀行窓口で書類を書いたり、口座を作ったらキャッシュカートと通帳を郵送したりその後のサポートをしたりとかの手数料みたいです。まぁ現地まで自分で行くことを考えると安くすみますが・・・もうちょっと安くなるといいですね。

現金の持ち込みはどうする?

銀行口座の特徴として以前紹介しましたので見てない方はこちらから口座の特長をご覧ください。

私の場合は日本円で80万円
普通口座に30万!定期口座に50万としました。現金は入会金を払った会社「GTWS」に日本円で支払います。この会社の人が1か月に一度渡航するのでそのタイミングでお金を持っていってもらいます。どんな会社かわからないのに現金を預けるのは少し抵抗ありましたが私の場合は紹介者がしっかりしてたのですべてまかせっきりでお願いしちゃいました。

申し込みから一か月後に口座一式の書類がとどきました

口座開設完了 普通口座の指定額と定期貯金の指定金額が当初のものとは違うが・・・まぁしょうがない。。

定期預金 こちらは定期貯金の証明書

通帳 海外にもちゃんと通帳があるんですね。香港HSBCはすべてWEBだったけど・・アナログであるこっちの方がいいかも。今後バリ島mに旅行行った時に記帳するのが楽しみです

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。