1. ホーム
  2. 海外銀行口座開設
  3. ≫インドネシアの国営銀行の話

インドネシアの国営銀行の話

かつて海外銀行と言えば「HSBC」が絶大な人気でしたが
すでに日本人の新規口座開設がほぼできない状態です。

HSBCを持つメリットが少ないことを前回でお話しましたが
今HSBCに代わる銀行が登場しています。
海外銀行をどうしてもという方にオススメです。
しかも定期預金で8%の金利が付くのです!!

そんなうまい話しがあるのか?・・・

それがあるんです。私も開設して速攻で定期預金口座作ってきました。
ジャカルタ視察
国はインドネシアで国営銀行なのでペイオフ付き
ペイオフっていうのは銀行預金保障制度の事で日本は1000万までですが
インドネシアは約2000-2200万円(20億ルピア)まで保証してくれるんです。

ではインドネシアの国ってどうなの?って話ですが
今フェラーリが一番売れてる国がインドネシア!
最近のニュースでは日本が新幹線を売り込み中国に横取りされてしまったのが
まさにインドネシアの話。首都はジャカルタです。

ジャカルタと言えばAKB48のジャカルタ版JKT48が有名ですね。

私も視察に行きましたが勢いがある国です。
街を歩いていても若者だらけで日本のように老人が比率が極端に少ないです

ジャカルタのショッピングモール
ちょっと裏路地を入るとまだまだ汚い感じしますが
ジャカルタ路地裏
そんなインドネシアの国営銀行の定期金利が8%というのだから驚きです。
日本では0.1%もつかない金利なのでお金を確実に増やしたい人はオススメです。

オススメで最も安全なインドネシア銀行は以下の2つ

  1. Bank Mandiri (mandiri銀行)
  2. BRI(インドネシア庶民銀行)

HSBCと比較して金利にも優れている点があるんです。
それは「口座凍結をしない」という事!

HSBCで凍結を経験している人から見ると何とも魅力的なシステムです。


次の記事ではもっと詳しくインドネシアの国営銀行を見てみたいと思います

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。